Ubuntu 18.04 (Stretch) on WSL

はじめに

過去記事にて、古いシステムを運用するために、古いライブラリ(例えば、OpenSSL 1.0系)が必要で Ubuntu 18.04 ではなく、Ubuntu 16.04 を泣く泣く使用するなどの話を書きました。

やはりapt upgrade でエラーが出るなどして失敗することがありましたので、とりあえず、WSLとしては最新の Ubuntuを入れておいて、古いライブラリが必要なシステム開発環境の構築については、Dockerを使えばいいやということで、今回は Ubuntu 18.04 をセットアップしてみます。

Dockerについては、Hyper-V を有効にして、Docker for Windowsを使い、Dockerクライアントは、WSL上のUbuntuから利用するという手で行きたいと思いますが、これについてはまた後程。。。

今回の流れとしては以下のとおりです。
私の仕事で必要なものを入れていきます。

さて、一つ一つやっていきますよ(・∀・)b

“Ubuntu 18.04 (Stretch) on WSL” 続きを読む

WSL(Ubuntu 16.04)にてapt upgradeで失敗する

はじめに

約10年間くらいメインマシンをMacにしていましたが、今年からWindows 10のPCをメインに使用しています。

これまでUNIXのツールを利用したいがためにMacを使ってきました。しかし互換性の関係からExcel、WordのOfficeソフトMac用ではなく、Parallels上のWindows用のOfficeをわざわざ使用し、Macオンリーな状況ではなかったわけです。最近、WSL(Windows Subsystem for  Linux)がすこぶる快適に使えるようになったので、もうWindowsがメインでも良いかなと思うようになったわけです。

MSstore

WSLもMicrosoft Storeを見ると色々種類がありますが、比較的慣れたUbuntuを指定します。Store上にて「Ubuntu」として出ているのはバージョン18.04です。今入れるのであれば 18.04 にすべきと思いますが、古い某システムの保守上、Rails 3.2 の開発環境やMySQLでのデータベース環境を構築するために、一つ前の 16.04 のバージョンを選びました。18.04 は、MySQLではなくMariaDBで文字エンコーディングが utf8mb4 だったり、OpenSSL が1.1系で、Ruby 2.2系がビルドできなかったりで、色々と面倒だったので。。。

…と前置きはここまでにして。

“WSL(Ubuntu 16.04)にてapt upgradeで失敗する” 続きを読む