Bash on Ubuntu on WindowsにLAMP環境をセットアップ

はじめに

Window 10 Anniversary Update より実装されている Windows Subsystem for Linux (WSL) は、現在Beta版ということになっていますが、今秋提供のWindows 10の大型アップデートである Windows 10 Fall Creators Update からは正式版となり、Bash on Ubuntu on Windows の他に、OpenSUSE や Fedora などのディストリビューションも追加され、これらがWindowsストアを通じて提供されるようです。

Bash on Windows/Windows Subsystem for Linuxがベータ版を卒業、正式版に。今秋のWindows 10 Fall Creators Updateで - Publickey

アップデートしたら、また一からインストールかなとちょっと憂鬱になりますが、今回は、このBash on Ubuntu on Windows(以下、BoW)上で、WordPressをテストする必要がありまして、いわゆるLAMP環境(Apache HTTP Server + MySQL + PHP)を構築しなければならなくなりました。私が扱っている業務システムも一部PHPを使用しているので、仕方ないですね。

MySQLのセットアップについては、前回投稿した記事「(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境設定」に記載していますので、そちらを参照していただき、こちらでは、Apache HTTP ServerとPHPをセットアップし、phpMyAdminとWordPressが動かせるようになるまでの流れを掲載したいと思います。

Continue reading “Bash on Ubuntu on WindowsにLAMP環境をセットアップ”

広告

(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境設定

はじめに

さて、Bash on Ubuntu on Windows 環境設定の続きです。

とりあえず、最初にGitの設定です。

git config --global user.name "氏名"
git config --global user.email "メールアドレス"
git config --global color.ui auto

Ruby(rbenv)環境設定

まずは、Rubyの環境を入れなきゃということで、rbenvです。

GitHub – rbenv/rbenv: Groom your app’s Ruby environment

git cloneでパッケージダウンロードして、ホームディレクトリ直下の「~/.rbenv」に展開です。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

Continue reading “(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境設定”

Bash on Ubuntu on Windows 環境設定

はじめに

今まで色々とWindowsにてUNIX環境を構築してきました。

POSIX API機能を提供するcygwin1.dllを利用し、完全なPOSIXエミュレーションが目標の「Cygwin」や、Cygwinからforkされたmsys-2.0.dllによるライブラリと、一部MinGWからの流れでWindowsネイティブライブラリが含まれる「MSYS2」、どちらも使用してきましたが、LAMPなどのWebアプリケーション開発環境となると、やはりVM上のLinuxを利用した方が何かと楽です。ということで、これまでWindows 10上のVirtualBoxにてCentOSを動かし利用してきました。

しばらくは全然問題なく利用できていたのですが、使用しているノートパソコンのsleepからの復帰が遅く、ハードリセットとかしていたら、いつのまにかVDIファイルが壊れてしまい環境がおじゃんになってしまいました。。。VMはその仮想ディスクファイル1個が壊れてしまったらもう終わりですものね。

そこでしょうがないので、試しで入れていた「Bash on Ubuntu on Windows」を使用することにしました。

Continue reading “Bash on Ubuntu on Windows 環境設定”

MSYS2/MinGW64環境でのruby-opencv

OpenCVをRubyより使いたく色々探していると,「ruby-opencv」というGemがあることを発見しました.

ruby-opencv/ruby-opencv · GitHub
https://github.com/ruby-opencv/ruby-opencv

ここにも書かれている通り,Mac環境であれば,HomebrewかMacPortであらかじめOpenCVのバイナリパッケージをインストールしておいて,gemコマンドで直接インストールする場合は,仮にOpenCVのライブラリの場所が/opt/opencv/lib,インクルードファイルの場所が/opt/opencv/include だったとすると,

$ gem install ruby-opencv -- --with-opencv-dir=/opt/opencv

で,Bundlerでbundle installする場合は,

$ bundle config build.ruby-opencv --with-opencv-dir=/opt/opencv
$ bundle install

のようにすればすぐに利用可能です.MacやLinux(X Window)環境だと何の問題もありません.

Window環境であれば,Windows用のOpenCVのバイナリパッケージ(数百MBもある)を取ってきて,PATHを設定し,すでにVisual Studio(Visual C/C++)の環境があれば,gem install するだけで使える(らしい,試してないので分からないけど...)

では,Windows環境で,Visual Studio等がなくVCのコンパイラ(CL.EXE)が利用できない場合どうするか.

ということで,手前のMSYS2/MinGW64 の環境下でruby-opencvが利用できるかどうかTRYしてみました.

Continue reading “MSYS2/MinGW64環境でのruby-opencv”

W32TeX on Windows 8.1

前回(MSYS2+VagrantによるWindowsでのUNIX環境),Windows 8.1 上にて MSYS2 環境を構築しましたので,今回はその上でTeXを動かしたいと思います.

WindowsでTeXといえば,TeX Liveか,TeXインストーラ3ということになるかと思います.

TeXインストーラ3
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html

一般の人にはこれでいいかと思いますが,MSYS2のminttyとEmacs(YaTeX)の環境で,かつできるだけサイズを小さく環境構築したいので,以下の方法を採りました.忘れそうなので,ほぼ自分のために備忘録しておきます.一般の人には参考にならないかも...

まずは,TeXをインストールするフォルダを作成します.私は「C:¥Applications¥W32TeX」としました.後述する「DVIOUT」のためにも,本当はフォルダの名前の文字数は8文字以内がいいのですが...

Continue reading “W32TeX on Windows 8.1”