Bash on Ubuntu on WindowsにLAMP環境をセットアップ

はじめに

Window 10 Anniversary Update より実装されている Windows Subsystem for Linux (WSL) は、現在Beta版ということになっていますが、今秋提供のWindows 10の大型アップデートである Windows 10 Fall Creators Update からは正式版となり、Bash on Ubuntu on Windows の他に、OpenSUSE や Fedora などのディストリビューションも追加され、これらがWindowsストアを通じて提供されるようです。

Bash on Windows/Windows Subsystem for Linuxがベータ版を卒業、正式版に。今秋のWindows 10 Fall Creators Updateで - Publickey

アップデートしたら、また一からインストールかなとちょっと憂鬱になりますが、今回は、このBash on Ubuntu on Windows(以下、BoW)上で、WordPressをテストする必要がありまして、いわゆるLAMP環境(Apache HTTP Server + MySQL + PHP)を構築しなければならなくなりました。私が扱っている業務システムも一部PHPを使用しているので、仕方ないですね。

MySQLのセットアップについては、前回投稿した記事「(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境設定」に記載していますので、そちらを参照していただき、こちらでは、Apache HTTP ServerとPHPをセットアップし、phpMyAdminとWordPressが動かせるようになるまでの流れを掲載したいと思います。

Continue reading “Bash on Ubuntu on WindowsにLAMP環境をセットアップ”

広告

(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境設定

はじめに

さて、Bash on Ubuntu on Windows 環境設定の続きです。

とりあえず、最初にGitの設定です。

git config --global user.name "氏名"
git config --global user.email "メールアドレス"
git config --global color.ui auto

Ruby(rbenv)環境設定

まずは、Rubyの環境を入れなきゃということで、rbenvです。

GitHub – rbenv/rbenv: Groom your app’s Ruby environment

git cloneでパッケージダウンロードして、ホームディレクトリ直下の「~/.rbenv」に展開です。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

Continue reading “(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境設定”

Bash on Ubuntu on Windows 環境設定

はじめに

今まで色々とWindowsにてUNIX環境を構築してきました。

POSIX API機能を提供するcygwin1.dllを利用し、完全なPOSIXエミュレーションが目標の「Cygwin」や、Cygwinからforkされたmsys-2.0.dllによるライブラリと、一部MinGWからの流れでWindowsネイティブライブラリが含まれる「MSYS2」、どちらも使用してきましたが、LAMPなどのWebアプリケーション開発環境となると、やはりVM上のLinuxを利用した方が何かと楽です。ということで、これまでWindows 10上のVirtualBoxにてCentOSを動かし利用してきました。

しばらくは全然問題なく利用できていたのですが、使用しているノートパソコンのsleepからの復帰が遅く、ハードリセットとかしていたら、いつのまにかVDIファイルが壊れてしまい環境がおじゃんになってしまいました。。。VMはその仮想ディスクファイル1個が壊れてしまったらもう終わりですものね。

そこでしょうがないので、試しで入れていた「Bash on Ubuntu on Windows」を使用することにしました。

Continue reading “Bash on Ubuntu on Windows 環境設定”

Windows 10での開発環境(VirtualBox+RLogin+VcXsrv)

はじめに

Macだったら簡単なんです.中身がUNIX(Darwin)だから.

Windowsマシンで,gccやらvim,gitなどのGNUツール,Apache,MySQL,PHPやらRuby,あと,LaTeXやRなどを使用したい人の参考になれば幸いです.

実は,過去にWindowsでのUNIX環境ということで,MSYS2+Vagrantの組み合わせを紹介しました.

MSYS2+VagrantによるWindowsでのUNIX環境

MSYS2には,Cygwin同様,gcc,make,binutils,vim,git,opensslなど利用できて,それそれで良いのですが,Apache,MySQLなどを利用したいわゆるLAMP開発環境については,Windowsネイティブのものを利用するのではなく,Vagrantなどを通して,仮想マシンでのLinux環境を使うのが一番だと,これまで私の経験上そう思います.

Vagrantは,頻繁にOS環境を変えたりする方には良いのですが,ある程度固定的なLinux環境を利用したい場合は,単にVirtualBox一つで良いのです.

また,Vagrantは,VirtualBoxのShare Folder機能を使ったファイル共有が利用できるのですが,このShare Folder機能が遅くて,このディレクトリ上でRailsアプリなんぞ開発したりしたら,scssとかの読み込みにものすごく時間がかかります.rsyncを使う方法も用意されていますが,いちいち同期のことを考えないといけないのは少々面倒臭い.

結局,私がお奨めするのは,

の組み合わせパターンです.

Continue reading “Windows 10での開発環境(VirtualBox+RLogin+VcXsrv)”

PHP基本のきほん

前回の初心者のためのviエディタの使い方と同様,ゼミ生のための資料です.

はじめに

PHP(PHP: Hypertext Preprocessor)は,Webサーバ上で実行されるサーバサイドスクリプト言語です.初期バージョンは,1995年にリリースされています.

特徴は以下のとおりです.

  • インタープリタ型言語
  • C言語やJavaに似た文法(オブジェクト指向のサポート)
  • RubyやPerlと似た弱いデータ型
  • 多くのWebサーバにてモジュールとして対応(Apache,IIS等)
  • HTMLにプログラムを埋め込むことが可能
  • データベースインターフェースのサポート(MySQL,PostgreSQL,SQLite,ODBC等)

参考文献 Wikipedia(PHP:_Hypertext_Preprocessor)

【実習環境】

ApacheのDoumentRootで指定したディレクトリ上(例 /Library/WebServer/Documents)に,「php_lec」のディレクトリを作成し,その中にPHPのサンプルプログラムファイルを作成し,実行を確認します.

Continue reading “PHP基本のきほん”