Rubyで簡単な画像処理プログラム

はじめに

これまで学生の卒論等で画像処理プログラムを作成するとき,C言語で指導をしていたのだけど,画像ファイルを読み込む際にmalloc関数でメモリを確保したり,ポインタを多用したりして,画像データを一次元配列で処理する部分等がなかなか学生に理解してもらえないので,これまでCで書いていたものをRubyに書き換えようと考えたのです.

Rubyで画像処理といっても,単純に画像ファイルを読み込み,画像データを配列に格納し,コンボリューションなど加工するだけのことで,別に高機能なライブラリ(OpenCVなど)は必要ないのです.

Rubyで画像処理についてググると,ImageMagickのAPIを利用する「RMagick」を利用する例が多く見受けられます.

しかし,RMagickは,最新のImageMagick 7に非対応.従って,RMagickを利用するためにはImageMagic 6.xが必要(brew install imagemagick@6)らしい.

rmagickのインストールにハマった – Qiita
http://qiita.com/gakkie/items/1ec4c0362047154f1690

しかし,Ver.6.xではbrewでのインストールの際「–with-x11」オプションが使用できないため,displayコマンドが利用できないなど,Macでしようするのはどうも...

とりあえず,brewでは最新版のImageMagick 7を入れておくことにし,RMagickはインストールせず,ImageMagickのconvertコマンドを利用して,PGM形式に変換してから画像処理を行うことにします.

Continue reading “Rubyで簡単な画像処理プログラム”

広告