Mac(macOS Sierra)でMongoDBを使ってみる

遅ればせながら,MongoDBを使ってみました.

これまで,PostgreSQLやMySQLなど,RDBしか触っていないので(あっ,Cassandraはちょっと触ったか),ドキュメント型DBであるMongoDBがどんなものかと触ったり調べたりしましたが,必ずしもRDBである必要のないシステムについては,MongoDBで作るのもアリかなと思った次第です.

とりあえず,brew一発で入れられるようです.

$ brew install mongodb

OpenSSLなども一緒に入れられるみたいです.

configは「/usr/local/etc」に,「mongod.conf」という名前でありますが,今回は特にいじりません.

サービスを起動してみます.

$ brew service start mongodb

それでは,早速MongoDBのクライアントを使ってみます.

Continue reading “Mac(macOS Sierra)でMongoDBを使ってみる”

RubyによるTwitter全ツイート削除

はじめに

過去のツイートを削除することは抵抗はないのですが,前の職場に居た頃(2009年)から約8年間,細々と他愛のないツイートをしてきたこのTwitterのアカウントには愛着があります.

特に何か理由があるわけではありませんでしたが,過去のツイートを全部削除して,まっさらな気持ちでTwitterを利用したくなりました.

削除前は,全ツイート数は7,370ありました.
以前も3,200件ほど削除しているので,実際は1万ツイートを超えていました.
以前,なぜ3,200件しか削除できなかったのかは,後に記載しています

過去のツイートをまとめて削除する方法として,黒歴史ナントカとかありますが,自分以外の誰かに自分の過去の情報にアクセスされたり,変更を加えられたりするのはどうも嫌なのです.やたらめったら認証アプリ連携登録などしたくないですから...

となれば,自分でAPIを叩けば良いやということで,今回Rubyでスクリプトを書いてやってみたいと思います.

Continue reading “RubyによるTwitter全ツイート削除”