Windows 10での開発環境(VirtualBox+RLogin+VcXsrv)

はじめに

Macだったら簡単なんです.中身がUNIX(Darwin)だから.

Windowsマシンで,gccやらvim,gitなどのGNUツール,Apache,MySQL,PHPやらRuby,あと,LaTeXやRなどを使用したい人の参考になれば幸いです.

実は,過去にWindowsでのUNIX環境ということで,MSYS2+Vagrantの組み合わせを紹介しました.

MSYS2+VagrantによるWindowsでのUNIX環境

MSYS2には,Cygwin同様,gcc,make,binutils,vim,git,opensslなど利用できて,それそれで良いのですが,Apache,MySQLなどを利用したいわゆるLAMP開発環境については,Windowsネイティブのものを利用するのではなく,Vagrantなどを通して,仮想マシンでのLinux環境を使うのが一番だと,これまで私の経験上そう思います.

Vagrantは,頻繁にOS環境を変えたりする方には良いのですが,ある程度固定的なLinux環境を利用したい場合は,単にVirtualBox一つで良いのです.

また,Vagrantは,VirtualBoxのShare Folder機能を使ったファイル共有が利用できるのですが,このShare Folder機能が遅くて,このディレクトリ上でRailsアプリなんぞ開発したりしたら,scssとかの読み込みにものすごく時間がかかります.rsyncを使う方法も用意されていますが,いちいち同期のことを考えないといけないのは少々面倒臭い.

結局,私がお奨めするのは,

の組み合わせパターンです.

“Windows 10での開発環境(VirtualBox+RLogin+VcXsrv)” 続きを読む