MSYS2/MinGW64環境でのruby-opencv

OpenCVをRubyより使いたく色々探していると,「ruby-opencv」というGemがあることを発見しました.

ruby-opencv/ruby-opencv · GitHub
https://github.com/ruby-opencv/ruby-opencv

ここにも書かれている通り,Mac環境であれば,HomebrewかMacPortであらかじめOpenCVのバイナリパッケージをインストールしておいて,gemコマンドで直接インストールする場合は,仮にOpenCVのライブラリの場所が/opt/opencv/lib,インクルードファイルの場所が/opt/opencv/include だったとすると,

$ gem install ruby-opencv -- --with-opencv-dir=/opt/opencv

で,Bundlerでbundle installする場合は,

$ bundle config build.ruby-opencv --with-opencv-dir=/opt/opencv
$ bundle install

のようにすればすぐに利用可能です.MacやLinux(X Window)環境だと何の問題もありません.

Window環境であれば,Windows用のOpenCVのバイナリパッケージ(数百MBもある)を取ってきて,PATHを設定し,すでにVisual Studio(Visual C/C++)の環境があれば,gem install するだけで使える(らしい,試してないので分からないけど...)

では,Windows環境で,Visual Studio等がなくVCのコンパイラ(CL.EXE)が利用できない場合どうするか.

ということで,手前のMSYS2/MinGW64 の環境下でruby-opencvが利用できるかどうかTRYしてみました.

Continue reading “MSYS2/MinGW64環境でのruby-opencv”

広告