Rによる信号処理

Rについて

必要に迫られて,最近Rを使い始めました.授業においても使い始めましたので,授業用に作成したものをBlog用に編集しなおして掲載します.にわかRユーザですので,間違ったことを書いているかもしれません.

「R(The R Project for Statistical Computing: http://www.r-project.org/)」は,統計解析及びグラフを表示させるための言語及びその開発環境です.統計解析ソフトには他に,SPSSやSASなどがありますが,Rは無償のソフトウェアで,配布サイトCRAN(The Comprehensive R Archive Network: http://cran.ism.ac.jp/)にて,Linux版,(Mac) OS X版,及びWindows版,それぞれ取得可能です.

Rの基本的な使い方

Rを起動すると,ターミナル(コマンドプロンプト)のような画面が表示され,最下行に「>」のプロンプトが表示されます.これはユーザからのコマンドの入力を待機している状態です(図1).この辺はGnuplotOctaveなんかと一緒ですね.

RGui Windows版
図1 RGui Windows版

終了方法は,「q()」と入力しEnterか,Windowsの場合は閉じるボタンで終了することができます.

Rは,RubyやPerl等と同様プログラミング言語ですので,条件分岐(if)や繰り返し(for)等の構文が使用できます.変数(Rでは「オブジェクト」という)への代入については,「<-」(他の言語同様「=」も使用可能)を使用します.

> a <- 1 + 3 * 5
> a
[1] 16 

“Rによる信号処理” 続きを読む