MSYS2+VagrantによるWindowsでのUNIX環境

0. 目次

1. はじめに
2. Vagrantについて
3. WindowsにおけるVagrantの利用について
4. PuTTYを使う方法
5. Vagrant付属のMSYS環境を利用する
5.1. Vagrant付属のMSYS環境下でmingw-getを使えるようにする
5.2. Vagrantによる仮想マシンの構築と接続の実際
5.3. MSYSのsshで接続できない時の回避策
5.4. 結局この方法はおすすめできない
6. MSYS2環境を利用する
6.1. MSYS2とは
6.2. MSYS2のダウンロードとインストール
6.3. シェルの環境設定
6.4. フォントの設定
6.5. 必要なパッケージのインストール
6.6. Vimの設定
7. 再度Vagrant
8. 仮想マシンLinuxの日本語化
9. ネットワーク設定
10. ファイル共有機能

1. はじめに

仕事上,UNIX(GNU)関係ツールをよく使うのです.
Git, Vim, gcc, make, Bash, OpenSSH, Emacs, grep, MySQL, Gnuplot, etc..
でも,メインのマシンをLinuxにするほどの勇気はありません.ですので,現在は主にMac (OS X)を使ってます.
「OS X」はBSD UNIXベースのOSのDarwin (http://en.wikipedia.org/wiki/Darwin_(operating_system) )です.

しかし,コンパイラはLLVM-GCC(llvm-gcc)か,Apple LLVM Compiler(clang)
Rubyも古いし,ApacheやPHPも同梱されているけど拡張しづらいし.
結局,独自のUNIXパッケージ管理を使わざるを得ません.

  • MacPorts
    • 全て「/opt/local」上のライブラリで完結し,Macのシステムに依存しない.
    • Gitだけをインストールするのに,約40個もの依存パッケージ(ncurses, openssl, perl等)をインストールしなければならない
  • Homebrew
    • 「/usr/local」配下をユーザに読み書きパーミッションを与えて利用.sudoしなくてよい.
    • 必要なプログラムだけをインストールするので無駄がない.
    • ビルドに,システムの古いライブラリを利用したり,Homebrew内のライブラリを利用したりで混在してしまう.

そう考えると,ぼちぼちWindowsがメインでも良いかもという気がしてきました.自分が感じるMacの不満は...

  • MS OfficeもWindow版とMac版では,やっぱり若干違う.
  • MacBook Airでも結構重い(1kg超)
  • アルミボディなのでちょっとぶつけたらすぐ変形する.
  • D-sub15ピン(VGA)コネクタや,RJ-45(LAN)用コネクタなど利用するのに色々インターフェースが必要.
  • OS Xのアップグレードのペースについていけない…
  • OS Xのアップグレードの度に,Homebrewがなんかおかしくなる
  • Xcodeがでかい.

でも,カッコいいし,フォントレンダリングも奇麗だし,何よりもベースはUNIXというのが良いのです.しかし,Windowsでも,UNIX環境を使おうと思えば使えるんですよね.

  • Cygwin
    • Windowsで,完全なUNIX環境を提供
    • 色々なUNIXアプリケーションが移植されている
    • 独自ライブラリ(cygwin1.dll)を利用
  • MSYS(MinGW)
    • GCC及び必要なツールのみの提供
    • Microsoftのランタイムライブラリ(msvcrt.dll)を利用

結局...

MacやWindows上で,ネイティブにWeb開発環境を入れても維持管理が困難
案件によって,バージョン等開発環境が異なるのは当たり前
結局,なんだかんだでLinuxの方が良いでしょう

ならば,Windows上でLinuxを利用すればよい.

そこで,VirtualBoxとVagrantの登場です.
なんだ,結局仮想化じゃないか...」と声が聞こえてきそう.

今回は,WindowsでVagrantを利用する最適な方法の1つを説明します.

Continue reading “MSYS2+VagrantによるWindowsでのUNIX環境”

広告

またまたオーテクのイヤホン購入

前にこのブログでこんなこと書いてました.

イヤホンを新調しました

そう,今年の1月,ビックカメラでさんざん視聴して悩んで買ったaudio-technicaのインナーイヤーヘッドホン「ATH-CKM500」の件です.

実はこれを買って,家に持って帰って,箱を開封したときに初めて気がついたのです.コードが「0.6m+0.6m延長コード」の構成になっているのを...

60cmでは到底使いづらいですし,延長しても接続プラグの部分が重たいので,歩くとブラブラ揺れてしまい,そのコードのタッチノイズが気になるので,いつもSHURE掛けしてました.

だったら,あの引っ掛けにくかった「ATH-IM50」でも良かったな,とその時思ったのです.

でも,しばらくはこのATH-CKM500を使っていたのですが,先日,またビックカメラに行った時に,あのとき悩んだ「ATH-IM50」で聴いてみたのです.

低音の出がまったく違うΣ( ̄□ ̄;)

前に聴いた時は,低音の強調が嘘っぽく感じたのですが,今回は,どっしりとしてなおかつ歯切れの良い音に感じました.あの時は,色々他の高級なイヤホンとか聴きまくっていたので,少し麻痺してたんですね.

その時は購入しなかったのですが,やっぱり気になってしまい,結局,通販で購入しました.確か3,500円くらいだったと思います(安い!).

で,今はとても満足しています! SHURE掛けでがっちり固定できるし,音の分解能もとても良い.わずか3千円台でこの音が得られるなら満足です.

そして,お役御免となった「ATH-CKM500」は息子に譲りました.息子にもいわゆる付属のイヤホンとの音の違いを感じ取って欲しいものです.

AAT

audio-technica IM Series カナル型モニターイヤホン デュアル・シンフォニックドライバー ブラック ATH-IM50 BK