Windows 8.1にCygwin64環境を構築

前置き

普段はMac使いなので,gccやらvimやらはターミナルでの使用で事足りていますが,講義ではWindows 7上でのCygwin(32bit)環境で行っていますので,文字コードやら改行コード,その他もろもろ予期せぬ違いなどあったりするので,今回,iMacのParallels Desktop 10上の仮想マシン(Windows 8.1)環境に,Cygwin環境を導入しました.

Cygwinなんて久しぶりに触ります.かつてはThinkPadにてWindows 2000を入れて,そこでCygwin環境を構築し,研究のための画像処理プログラムやら作成していましたが,その後Windows 2000も使用に耐えなくなってきてVine Linuxに入れ替えてからCygwinなんてものはてんでご縁の無かったものですから,それから考えるともう7〜8年触っていないのかもしれません.

CygwinでX環境まで入れて遊んだ時期もありましたが,今や仮想環境が無料で手に入るようになりましたので,仮想マシンにLinuxを入れれば済むことで事足ります.ですのでわざわざCygwin環境を入れる必要はこれまで無かったのですが,実習室の環境がそうなっている以上,講義資料を作成したり,提供するソースプログラムがきちんとビルドできたりできるか確認するために,手元に同環境を置いておきたいのです.

ということで前置きが長くなってしまいましたが,ちょっと一筋縄ではいかなかったので,備忘録としてここに記載しておくことにしました.ご参考まで.

Cygwin64のインストール

せっかくなので,Cygwinも64bit環境を…,ということで,次のURLから「setup-x86_64.exe」をダウンロードしてきます.

https://www.cygwin.com/

Continue reading “Windows 8.1にCygwin64環境を構築”

広告