CentOSサーバ構築 MySQLサーバインストール

それでは,オープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(DBMS)であるMySQLをインストールします.

CentOSでは,MySQLのサーバ(デーモン)である「mysql-server」パッケージとMySQLのクライアントコンソールである「mysql」パッケージをインストールします.

01. 一般ユーザでログインしている場合は,suコマンドでrootになります(sudoで操作しても良いです).

$ su -

02. yumコマンドで,mysqlとmysql-serverをインターネット経由でインストールします.

# yum install mysql mysql-server

  ※依存するパッケージも合わせて5つほどダウンロードされます.
   「Is this ok [y/N]:」と聞いてくるので「y」を入力してEnterキーを押します.

  ※「Complete!」と出ればOKです.

03. MySQLサーバの設定ファイル「/etc/my.cnf」を書き換えます.
  まずは.オリジナル(既存)の設定ファイルの複製をとっておきます.

# cp -p /etc/my.cnf /etc/my.cnf.ORG

viエディタを使用して,次の文を挿入します.デフォルトの文字エンコーディングを「UTF-8(utf8)」にします.

# vi /etc/my.cnf

[/etc/my.cnf の内容]

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

character-set-server=utf8  ← 追加

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

[mysql]          ← 追加
default-character-set=utf8  ← 追加

04. MySQLサーバ(デーモン)の自動起動設定を行います.まずは,現在の起動設定状況をチェックします.

# chkconfig --list | grep mysqld
mysqld    0:off     1:off     2:off     3:off     4:off     5:off     6:off

  
すべてのランレベルでoffとなっています.
それではonにしてみます.

# chkconfig mysqld on

再度チェックします.

# chkconfig --list | grep mysqld
mysqld    0:off     1:off     2:on     3:on     4:on     5:on     6:off

ランレベル(2, 3, 4, 5)でonになっています.

05. それではMySQLサーバを手動で起動します.

# /etc/init.d/mysqld start
Starting mysqld:                                           [  OK  ]

06. MySQLのセキュア設定を行います.

# mysql_secure_installation
NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!
:
Set root password? [Y/n] ← そのままEnterキーを押す
New password:        ← 指定の新しいパスワードを入力
Re-enter new password:   ← 再度,指定の新しいパスワードを入力
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!

:
Remove anonymous users? [Y/n] ← そのままEnterキーを押す
 ... Success!

:
Disallow root login remotely? [Y/n] ← そのままEnterキーを押す
 ... Success!

:
Remove test database and access to it? [Y/n] ← そのままEnterキーを押す
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

:
Reload privilege tables now? [Y/n] ← そのままEnterキーを押す
 ... Success!

Cleaning up...
:
Thanks for using MySQL!

最後,忘れずに一般ユーザに戻ります.

# exit

06. MySQLクライアントツールを使ってMySQLにアクセスしてみます.

$ mysql -u root -p

Enter password:   ← 設定したパスワードを入力
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 10
Server version: 5.1.61 Source distribution
  :

07. ステータスを確認します.

mysql> status
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.61, for redhat-linux-gnu (i386) using readline 5.1
  
Connection id:          10
Current database:    
Current user:          root@localhost
:
Server version:          5.1.61 Source distribution
Protocol version:     10
Connection:          Localhost via UNIX socket
Server characterset:     utf8
Db     characterset:     utf8
Client characterset:     utf8
Conn.  characterset:     utf8
UNIX socket:          /var/lib/mysql/mysql.sock
:

08. 確認したらとりあえず終了します.

mysql> \q
Bye

09. 少しだけMySQLを扱ってみます.再度,MySQLの管理者であるroot(Linuxシステムのアカウントのrootとは違う)で接続します.

$ mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 11
Server version: 5.1.61 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>

現在既にあるデータベースの一覧を見てみます.

mysql> show databases;

[出力結果]

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
+--------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

基本的に,コマンドの終わりは「;(セミコロン)」を付けます.

カレントのデータベースを「mysql」に変更します.
「mysql」データベースには,ユーザを管理するテーブル「user」などが含まれています.

mysql> use mysql;
Database changed

SQLコマンドを利用して,そのuserテーブルから,ユーザ名,ホスト名,パスワードを抽出してみます.

mysql> select user, host, password from user;

[出力結果]

+------+-----------+-------------------------------------------+
| user | host      | password                                  |
+------+-----------+-------------------------------------------+
| root | localhost | *F66B049F18EA0009C7322C72A40B329B48F74CFB |
| root | 127.0.0.1 | *F66B049F18EA0009C7322C72A40B329B48F74CFB |
+------+-----------+-------------------------------------------+

1つ新たにデータベースを作成してみます.ここでは「morilab」という名前のデータベースを作成してみます.

mysql> create database morilab;
Query OK, 1 row affected

再度,データベース一覧で確認すると...

mysql> show databases;

[出力結果]

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| morilab            |
| mysql              |
+--------------------+
3 rows in set

MySQLサーバとの接続を終了します.

mysql> \q
Bye
$

CentOSサーバ構築 SSH接続設定

VirtualBoxのLinuxコンソールは日本語も表示できませんし,スクロールもできません.何かと使いづらいので,Mac上のターミナルからSSH接続して利用することにします.

そこで問題なのが,現在は,NATのネットワークアダプタを利用しているので,ホストマシンであるMacから,仮想マシン(ゲストマシン)にアクセスすることができません.

そこで,VirtualBoxの機能として,ホストマシンと仮想マシンのみ接続できる「ホストオンリーネットワーク(vboxnet0)」を構築し,仮想マシンに「ホストオンリーネットワークアダプタ」を追加し,ネットワークの設定を行います.

01. まずは,ホストオンリーネットワーク「vboxnet0」の追加を行います.

 ・VirtualBoxメニューバーの「VirtualBox」→「環境設定
 ・「ネットワーク」をクリック
 ・ホストオンリーネットワーク追加のボタン「」をクリック,「vboxnet0」の追加

 ・作成された「vboxnet0」を選択して,編集のボタン(ドライバみたいなアイコン)をクリック

 ・「DHCPサーバー」をクリック
 ・「サーバーを有効化」→チェックを外す(即ち,DHCPサーバを無効化する)

このホストオンリーネットワークは「192.168.56.0」のネットワークで,ネットマスクが「255.255.255.0」であるので,仮想マシンのIPアドレスは「192.168.56.XXX」になります.

SSH接続するので,IPアドレスは,DHCPによる動的割り当てではなく,静的(static)に割り当てます.

02. 続いて,仮想マシンの設定でネットワークアダプタをもう1つ追加します.

 ・仮想マシンの設定画面→「ネットワーク
 ・「アダプタ2」を選択
 ・「ネットワークアダプタを有効化」をON
 ・「割り当て」→「ホストオンリーアダプタ
 ・MACアドレスを確認しておきましょう.
  (後で,Linux上で設定するときに,このMACアドレスが必要となります)

03. Linuxを起動して,イーサネットインターフェース「eth1」のセット
  eth1側は固定IPアドレス(Static IP Address)で割り当てます.

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth1
# vi ifcfg-eth1

[/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 の内容]

DEVICE="eth1"
HWADDR="08:00:27:XX:XX:XX" ← MACアドレスは各自確認
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO="static"
IPADDR=192.168.56.102 ← IPアドレス(4オクテット目) 101〜下2桁は各自の番号
NETMASK=255.255.255.0

04. ネットワークの設定を有効にするために,ネットワークのサービスを再起動します.

# cd
# /etc/init.d/network restart

05. SSHでリモート接続(ホストマシンからの接続)するために,一般ユーザアカウントを作成しておきます.
 ・ユーザ名: admin
 ・パスワード: admin
 ・所属グループ: users(GID: 100)

現在のユーザアカウント情報の確認

# cat /etc/passwd

現在は「admin」という名前のユーザは登録されていません.

現在のグループ情報の確認

# cat /etc/group

「users」というグループがあるはずですので,そのグループID(GID)が「100」であることを確認します.

ユーザアカウント「admin」の作成

# useradd -c "Admin User" -g 100 admin

パスワードの設定

# passwd admin

※パスワードは適当に決めます.「admin」でも良いです.

確認

# cat /etc/passwd

[/etc/passwd の内容(抜粋)]

:
admin:x:500:100:Admin User:/home/admin:/bin/bash

06. macのターミナルからSSH接続してみる.

$ ssh admin@192.168.56.199

SSH接続が遅い(パスワード認証までが遅い)ので,次のようにSSHdの設定ファイルを修正します.

07. 一般ユーザ「admin」でログインしているので,suコマンドでrootになります.

$ su -
パスワード: 

※パスワードはrootのパスワードを入力します.

08. SSHdの設定ファイル「/etc/ssh/sshd_config」を書き換えます.

# vi /etc/ssh/sshd_config

[/etc/ssh/sshd_config の内容(抜粋)]

  :
UseDNS no  ←「yes」を「no」に変更(コメントアウトしない)
  :
GSSAPIAuthentication no  ←「yes」を「no」に変更
  :

【参考】CentOS 6.2を最小構成でインストール(CentOS-6.2-i386-minimal.iso使用) – Symfoware

09. SSHd(SSHのサービス)を再起動します.

# /etc/init.d/sshd restart
Stopping sshd:                                             [  OK  ]
Starting sshd:                                             [  OK  ]

10. ログアウトして,再度SSHでログインしてみます.

# exit ←rootからadminに戻ります.
logout
$ exit ←仮想マシンからログアウトします.
logout
Connection to 192.168.56.199 closed.

$ ssh admin@192.168.56.199 ←再度,仮想マシンにログインします.
admin@192.168.56.199's password: 

※今度は,ログインの際のパスワード要求が早くなったと思います.

それでは,suコマンドを入力していちいちrootになるのが面倒なので,sudoコマンドを有効にします.

sudoコマンドを利用すると,「$ sudo vi /etc/hosts」のように,一般ユーザであっても,コマンドの頭に「sudo」を付けるだけで,rootの権限でコマンド処理できるようになります.

11. まずは,とりあえず,suでrootになります.

$ su -
パスワード:

12. yumを利用して「sudo」パッケージをダウンロードして,インストールします.

# yum install sudo
Loaded plugins: fastestmirror, presto
:
================================================================================
 Package       Arch          Version                     Repository        Size
================================================================================
Installing:
 sudo          i686          1.7.4p5-9.el6_2             updates          415 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)

Total download size: 415 k
Installed size: 1.0 M
Is this ok [y/N]: y  ←「y」を入力
Downloading Packages:
:
Setting up and reading Presto delta metadata
Processing delta metadata
Package(s) data still to download: 415 k
sudo-1.7.4p5-9.el6_2.i686.rpm                            | 415 kB     00:00     
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : sudo-1.7.4p5-9.el6_2.i686                                    1/1 

Installed:
  sudo.i686 0:1.7.4p5-9.el6_2                                                   

Complete!
#

13. 一般ユーザ「admin」がsudoコマンドを利用できるように,sudoの設定ファイル「/etc/sudoers」を編集します.編集するには「visudo」を実行します.

# visudo

[/etc/sudoers の内容(抜粋)]

## Sudoers allows particular users to run various commands as
## the root user, without needing the root password.
:
## Allow root to run any commands anywhere 
root	ALL=(ALL) 	ALL
admin	ALL=(ALL) 	ALL  ← この行を追加
:
#includedir /etc/sudoers.d

これで,すぐにユーザadminは,sudoコマンドを使用することができます.

14. 一旦,rootからadminユーザに変更します.

# exit
logout
$

15. sudoコマンドを使用すれば,一般ユーザでもroot権限でコマンドが実行できます.

$ sudo vi /etc/hosts
[sudo] password for admin: 

CentOSサーバ構築 開発環境とGuestAdditionsのインストール

前回のところで,とりあえずCentOSがセットアップCD-ROM(実際はISOイメージファイル)から素の状態のCentOSを入れることができました.

まずは,何はともあれネットワーク(インターネット)に接続できなければ,この後追加のパッケージインストールも,アップデートもできませんので,ネットワークの設定をします.VirtualBox上でNATがデフォルトで動いているはずですので,DHCPによる動的IPアドレス取得の設定をします.

01. システムに「root」でログインします.

CentOS release 6.2 (Final)
Kernel 2.6.32-220.el6.i686 on an i686

localhost login: root
Password: ********

02. まずは現在のネットワークインターフェース設定を確認します.

# ifconfig

(現在は,「lo」Local Loopbackインターフェースしか設定されていません)

03. 既定のイーサネットインターフェース「eth0」を設定します.

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

[/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の内容]

DEVICE="eth0"
HWADDR="08:00:27:XX:XX:XX"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"   ← "no"から"yes"へ変更
BOOTPROTO="dhcp"  ←追加

04. ネットワークの設定を有効にするために,ネットワークのサービスを再起動します.

# service network restart

または,

# /etc/init.d/network restart

pingコマンドで外のホストとのping応答を確認しましょう.

# ifconfig
# ping 適当なホスト

05. ホスト名を「semiXX.local(ホスト名は適当)」に変更します.

# vi /etc/sysconfig/network

[/etc/sysconfig/network の内容]

NETWORKING=yes
HOSTNAME=semiXX.local ←変更

(ホスト名はシステムを再起動しないと有効になりません)

06. 再起動する前に,SELinuxを無効化しておきましょう.
その前に,現在,SELinuxが有効かどうか確認

# getenforce
Enforcing

「Enforcing」と表示された場合は,現在,SELinuxが有効になっています.

# vi /etc/sysconfig/selinux

[/etc/sysconfig/selinux の内容(抜粋)]

:
SELINUX=disabled ←「enforcing」から「disabled」へ変更
:

07. 再起動します.

# shutdown -r now

または,

# reboot

これでNATを通して外部のネットワークに接続可能となりましたので,パッケージのアップデートと開発環境のインストールを行います.

08. まずはインストール済みの既存パッケージを最新版にアップデートします.

# yum -y update

  
この後,最新版のパッケージがダウンロードされ,アップデートされます.
半分近くのパッケージがアップデートされます.
終わるまでしばらく待ちましょう(時間: 約10分間)

09. 続いて,開発環境のインストールです.個別に行わず,グループインストールによりまとめてパッケージをインストールします.

# yum groupinstall "Development Tools"

この後,各種開発ツールパッケージがダウンロードされ,インストールされます.
約100ものパッケージがインストールされます.終わるまでしばらく待ちましょう(時間: 約5分間)

今回は,yumコマンドで「-y」オプションを付加していませんので,ダウンロードが終わった時点で,続けるか否かの「y/N」を答える場面が出てきますので,その際は「y」を入力してください.

10. いったんここでリブートしてみます.(カーネルもアップデートされているので...)

# reboot

11. 再度,rootでログオンします.
ここで一旦スナップショットを撮っておきましょう!

gcc,makeなどの開発環境が入りましたので,ここでGuest Additionsのインストールを行います.

VirtualBoxの追加機能である「Guest Additions」を,この仮想マシンにインストールすると,色んなモジュールが仮想マシンであるLinuxにセットアップされ,仮想マシンの色々なサポートをしてくれます.例えばこんなの...
 ・マウスポインタの統合(ホストマシンとゲストマシンとでマウスポインタがシームレスに動きます)
 ・画面解像度が(ウィンドウの大きさに合わせて)自動的に変化します.
 ・(ホストマシンとゲストマシンとで)クリップボードが共有で利用できます.
 ・(ホストマシンとゲストマシンとで)共有フォルダが利用できます.
 ・(ホストマシンとゲストマシンとで)時刻が同期します.

などなど,色々なメリットがあります.

12. セットアップイメージディスク(仮想CD)のマウント

VirtualBoxのメニューバー「デバイス」→「Guest Additions のインストール」

GUI環境ならこれで自動的にマウントしてくれますが,今回CUI環境なので手動でマウントさせます.

# mount /dev/cdrom /mnt
# ls /mnt

13. Guest Additionsのインストーラの起動

# cd /mnt
# ./VBoxLinuxAdditions.run

この後,仮想CDから各種ソースファイルがコピーされ,Cコンパイラでビルドされます.
今回,Windowシステムを入れていないのでX Window関連のドライバのインストールには失敗します.
終わるまでしばらく待ちましょう(時間: 約5分間)

14. 仮想CDドライブのアンマウント

# cd 
# umount /mnt

15. 仮想ドライブからのディスク除去
アンマウントはデバイスのディレクトリへのマウントを解除するだけで,仮想CDドライブからCDは抜き取られていません.
ここでは,実際に仮想CDメディアを抜き取る(除去する)操作を行います.
仮想マシンのウィンドウの右下部にCDのアイコンがあるので,それを右クリックし,「仮想ドライブからディスクを除去」を選択します.

または,VirtualBoxのメニューバー「デバイス」→「CD/DVDデバイス」→「仮想ドライブからディスクを除去」でもOK

16. 次の作業のために,シャットダウンしておきます.

# shutdown -h now

スナップショットも撮っておきましょう.

CentOSサーバ構築 CentOS初期セットアップ編

前回作成した仮想マシンに,CentOS 6.2 Linuxをセットアップしていきます.

CentOS 6.2は現時点(2012年6月)で最新のバージョンになります.フルセットのメディアはDVD2枚分となるので,数GBものISOイメージファイルをダウンロードするとなると結構大変です.

今回はあくまでもサーバ用途ということで,X Window環境(GNOME)もいらず,余計なアプリケーションも必要ないので,限りなくミニマムな環境にセットアップしていきます.それにもってこいのセットがありました.それがこれです.

CentOS-6.2-i386-minimal.iso

わずか300MBです.これに約200のパッケージが収まっており,ある程度使える環境にはなっています.CentOSのサイトからダウンロードできます.

それでは,仮想マシンをONします.

01. 「ようこそ初回起動ウィザードへ!」の画面で「続ける」をクリックします.
※仮想マシンを作成して,一番最初の起動時だけこのウィザードが表示されます.

02. 「インストールメディアを選択」の画面で,メディアソースにCentOSのイメージファイルを指定します.
・今回のイメージファイル「CentOS-6.2-i386-minimal.iso

03. 「オープン」をクリックします.
04. 「続ける」→「起動」とクリックしていきます.
  ・仮想マシン上で,CentOS Linuxのセットアッププログラムが起動します.
05. 「Install or Upgrade an existing system」を選択して「Enter」を押します.

※ここからキーボードでの操作が,VirtualBoxの仮想マシンのウィンドウ(コンソール)上にキャプチャされます.その他のアプリケーションウィンドウを操作したい場合は,「左Command」ボタンを押します(どのボタンで解除するかは設定で変更できます).そして,再度Linuxを操作したい場合は,仮想マシンのウィンドウをクリックします.

06. 「Disc Found」の画面では,「Skip」を選択し(Tabキーで指定できます),「Enter」キーを押します.

07. 「Welcome to CentOS!」の画面で「OK
08. 「Language Selection」で「English」を選択して「OK」(※Textモードでのインストールのため日本語は使えません)

09. 「Keyboard Selection」で「jp106」(日本語キーボード)を選択して「OK

10. 「Warning」が出ますが気にせず,「Re-initialize all

11. 「Time Zone Selection」では,以下を設定して,「OK
  ・[*] System clock uses UTC
  ・「Asia/Tokyo

12. 「Root Password」は,適当に指定します.(くれぐれも忘れないように!)

13. 「Partitioning Type」は,「Use entire drive」を選択し,「Which drive…」は,
  デフォルトの「sda」を選択し,「OK

14. 「Writing storage configuration to disk」の画面では「Write changes to disk」を指定します.
  この後,自動的にパッケージのインストールが始まります.
  合計209ものパッケージがインストールされます.
  終わるまでしばらく待ちましょう(時間: 約10分間)

15. 「Reboot

リブートしたらLinuxが起動します.

ここでスナップショットを撮っておきましょう!
VirtualBoxマネージャの画面で,「スナップショット」を選択し,スナップショットを作成します.

スナップショットの名前は,自分でわかりやすい名前にしておきます.

CentOSサーバ構築 仮想マシンセットアップ編

最初に...

研修室ゼミの前半の内容として,Webアプリケーション開発を予定していますが,これまではMac OS上にMacネイティブのMySQLだのPHPだのをインストールし,環境を構築していきましたが,それぞれのMac OS Xのバージョンも異なりますし,色々不具合やインストールに失敗し,最悪の場合Mac OS Xから入れ直すこともありました.

そこで,今回はMac OS上でVirtualBoxを動かし,その上に乗っかる仮想マシンに,Linuxをセットアップして,そこでLAMP(Linux, Apache, MySQL, PHP)環境を構築してみることにしました.

当面の目標として,VirtualBoxの仮想マシン上にLinux(CentOS 6.2)をセットアップし,ホストマシン(Mac)のターミナルから仮想マシン上のLinuxにSSH接続できるようにしてみます.VirtualBoxのコンソールを使用するよりも,Mac上のターミナルの方が何かと扱いやすいですからね.

仮想マシン(ゲストマシン)はVirtualBoxというソフトウェア上で動いているとはいえ,ホストマシン(Mac)とは物理的に異なるマシンになっています.ホストマシンのターミナルから仮想マシンに接続するためには,仮想ネットワークを設定しなくてはなりません.

VirtualBoxでのネットワークアダプタ設定は主に,「ブリッジ」,「NAT」,「ホストオンリー」の3種類になりますが,ここでの設定は次のように考えます.

  • ゲストマシンがインターネットに接続できるようにするには「NAT」アダプタを設定する必要がある.
  • SSH等で外からゲストマシンにアクセスするためには,「ブリッジ」か「ホストオンリー」である必要である.
  • 「ブリッジ」の場合は,ホストマシンが利用しているWi-Fi環境(ネットワーク)に左右されるため,SSH接続には不利.
  • 従って,今回は,仮想マシンには「NAT」アダプタと「ホストオンリー」の両方をアダプタをセットする.

それでは,実際に仮想マシンを構築していきます.

今回は,GNOME(X Window)デスクトップ環境は想定していません.あくまでもサーバ構築ということでコンソールベースでの運用を考えています.従って,限りなくミニマムな設定にしていきます.

01. Virtual Boxを起動します.
02. 「新規(N)」のボタンをクリックします.
03. 「ようこそ新規仮想マシン作成ウィザードへ!」の画面で,「続ける」をクリックします.
04. 「仮想マシン名とOSタイプ」の画面で,以下のように指定して「続ける」をクリックします.
・名前→「CentOS_6.2
・OSタイプ
・オペレーティングシステム→「Linux
・バージョン→「Red Hat

※名前に「CentOS」と入れると,自動的に「Red Hat」で認識してくれます.

05. 「メモリ」の画面では,「512MB」のまま「続ける」をクリックします.

※メモリサイズが約700〜800MB未満だと,CentOSのインストーラはCUIベースになります.GUIなインストーラを希望する場合は,メモリを増やす必要があります.

06. 「仮想ハードディスク」の画面では,以下のように指定して「続ける」をクリックします.
・「起動ディスク」をチェックします(デフォルトはチェック済み)
・「新規ハードディスクの作成」をON(デフォルトはON)

07. 「Welcome to the virtual disk creation wizard」の画面で,以下のように指定して「続ける」をクリックします.
・「VDI」をON(デフォルトはON)

08. 「Virtual disk storage details」の画面で,以下のように指定して「続ける」をクリックします.
・「Dynamically allocated」をON(デフォルトはON)

09. 「Virtual disk file location and size」の画面では,以下のように指定して「続ける」をクリックします.
・場所→「CentOS_6.2
・サイズ→「8GB」(少しサイズ取り過ぎのような気もしますが,推奨通りでいきます)

10. 「概要」の画面で「Create」をクリックします.
もう一回出るのでさらに「Create」をクリックします.

これで仮想マシンが作成されました.