Bundlerを使ったRuby環境構築

現在,Rubyでの開発はもっぱらMacで行っております.Mac OSX 10.6でのRubyのバージョンは,1.8.7ですので,これまでRVMを使って,1.9系環境を構築して利用しておりました.

しかし,私の場合,Rubyはもうバージョン1.9系しか使っていませんので,RVMを利用する意味が無くなりました.どちらかというとgemとのバージョンの整合性が問題であって,それはBundlerを利用することで何とかなりそうです.

インタプリタ言語の場合,PHPもPerlもそうですが,拡張モジュールをシステムにインストールして,それを複数のアプリケーションで利用するというのは,HDDの資源も無駄にならず,理にかなった方法なのですが,例えば,Aというシステム環境でアプリケーションを開発していて,そのアプリケーションを別のBというシステム環境で動かしたくなった場合,BのシステムをAのシステムと同様の環境にしなければなりません.Rubyの場合もバージョンがどんどん上がっていくgemもあり,バージョンの整合性で上手く動かないシステムも出てきました.

そこで,Bundlerを利用することで,アプリケーション単位でgemを管理する手法に切り換えることにしました.即ち,システム側にはgemはインストールせず,アプリケーションディレクトリにインストールするという方法です.この方法だとファイルの冗長性が増すので,サイズも無駄にとることになりますが,システムに依存しませんので,アプリケーション内でのgemのバージョンの整合性の問題は無くなります.

ということで,RVMでの利用をやめました.以下にその検証結果を示します.

“Bundlerを使ったRuby環境構築” 続きを読む