スクラッチでRails3に挑戦 Part 4(各ページへの移動リンクの追加)

さて,続きです.

前回は学生情報の編集や更新の処理部分を作成しましたが,これら作成したページ同士のリンクについて設定してみたいと思います.まずは,学生情報一覧の画面(index)から,各学生情報の表示や編集ページへ移動するリンクを作成してみたいと思います.

“スクラッチでRails3に挑戦 Part 4(各ページへの移動リンクの追加)” 続きを読む

スクラッチでRails3に挑戦 Part 3(レコードを編集,更新してみる)

さて,前回の続きです.

Railsのログを見てみると,Webにアクセスする度に,つぎのようなメッセージが出てくる...

Started GET "/assets/application.css?body=1" for 127.0.0.1 at 2011-11-09 14:40:37 +0900
Served asset /application.css - 304 Not Modified (0ms)

Started GET "/assets/jquery_ujs.js?body=1" for 127.0.0.1 at 2011-11-09 14:40:37 +0900
Served asset /jquery_ujs.js - 304 Not Modified (0ms)

何かcacheの問題らしいのですが,このasset関係のログはうるさいので,とりあえずだまってもらうために,「config/emvironments/development.rb」を修正します.

[config/environments/development.rb]

   :
   # Expands the lines which load the assets
   config.assets.debug = false
   :

※修正しません(2013/03/11訂正)
→修正してしまうと,CSS(SCSS)ファイルの更新が反映されない場合があります.

さて,今回の本題です.

学生データを編集する edit アクションを定義したいと思います.URLで「http://〜/students/1234567890/edit」と指定したときに,idが「1234567890」の学生のレコードを編集するという画面を作ります.

“スクラッチでRails3に挑戦 Part 3(レコードを編集,更新してみる)” 続きを読む