Mac(macOS Sierra)でMongoDBを使ってみる

遅ればせながら,MongoDBを使ってみました.

これまで,PostgreSQLやMySQLなど,RDBしか触っていないので(あっ,Cassandraはちょっと触ったか),ドキュメント型DBであるMongoDBがどんなものかと触ったり調べたりしましたが,必ずしもRDBである必要のないシステムについては,MongoDBで作るのもアリかなと思った次第です.

とりあえず,brew一発で入れられるようです.

$ brew install mongodb

OpenSSLなども一緒に入れられるみたいです.

configは「/usr/local/etc」に,「mongod.conf」という名前でありますが,今回は特にいじりません.

サービスを起動してみます.

$ brew service start mongodb

それでは,早速MongoDBのクライアントを使ってみます.

続きを読む “Mac(macOS Sierra)でMongoDBを使ってみる”

RubyによるTwitter全ツイート削除

はじめに

過去のツイートを削除することは抵抗はないのですが,前の職場に居た頃(2009年)から約8年間,細々と他愛のないツイートをしてきたこのTwitterのアカウントには愛着があります.

特に何か理由があるわけではありませんでしたが,過去のツイートを全部削除して,まっさらな気持ちでTwitterを利用したくなりました.

削除前は,全ツイート数は7,370ありました.
以前も3,200件ほど削除しているので,実際は1万ツイートを超えていました.
以前,なぜ3,200件しか削除できなかったのかは,後に記載しています

過去のツイートをまとめて削除する方法として,黒歴史ナントカとかありますが,自分以外の誰かに自分の過去の情報にアクセスされたり,変更を加えられたりするのはどうも嫌なのです.やたらめったら認証アプリ連携登録などしたくないですから...

となれば,自分でAPIを叩けば良いやということで,今回Rubyでスクリプトを書いてやってみたいと思います.

続きを読む “RubyによるTwitter全ツイート削除”

2017年始まる

新年あけましておめでとうございます.

一昨年前から年賀状減量作成を実施しており,年賀状をやり取りしている枚数がやっと1/10くらいになりました.極限られた方だけに年賀状をお送りしております.

これだけSNSの利用が広まっている中,年一回の年賀状のやり取りというのは,やがて減衰していってしまうものと思います.現に,子供達は年賀状を一切書かず,友達とはLINEで済ませているようです.官製ハガキの価格も今年の6月より,52円から62円に値上がりしますので,若者のハガキ離れはますます進むことになるでしょう.

私の状況は,(最近は更新していませんが…)このブログ,及びFacebookにて名前で検索していただければ常に見ることができます.

年賀状の話から始まってしまいましたが,特に今年の抱負とかはありません.日々の生活を過ごすため,家族のために頑張るのみです.

皆様にとって,そして家族にとって,幸せな一年になりますように.

2016年末

もう2016年も終わりです.

昨年の今頃は,幾つも業務案件を抱え込んで,とても大変だったのを思い出します.

今もそれを引きずっている部分はありますが,昨年ほどではありません.

来年は,少しは自分の好きなことができるようになるかしら.

とりあえず,8ヶ月ぶりの書き込みでした(=゚ω゚)ノ

Windows 10での開発環境(VirtualBox+RLogin+VcXsrv)

はじめに

Macだったら簡単なんです.中身がUNIX(Darwin)だから.

Windowsマシンで,gccやらvim,gitなどのGNUツール,Apache,MySQL,PHPやらRuby,あと,LaTeXやRなどを使用したい人の参考になれば幸いです.

実は,過去にWindowsでのUNIX環境ということで,MSYS2+Vagrantの組み合わせを紹介しました.

MSYS2+VagrantによるWindowsでのUNIX環境

MSYS2には,Cygwin同様,gcc,make,binutils,vim,git,opensslなど利用できて,それそれで良いのですが,Apache,MySQLなどを利用したいわゆるLAMP開発環境については,Windowsネイティブのものを利用するのではなく,Vagrantなどを通して,仮想マシンでのLinux環境を使うのが一番だと,これまで私の経験上そう思います.

Vagrantは,頻繁にOS環境を変えたりする方には良いのですが,ある程度固定的なLinux環境を利用したい場合は,単にVirtualBox一つで良いのです.

また,Vagrantは,VirtualBoxのShare Folder機能を使ったファイル共有が利用できるのですが,このShare Folder機能が遅くて,このディレクトリ上でRailsアプリなんぞ開発したりしたら,scssとかの読み込みにものすごく時間がかかります.rsyncを使う方法も用意されていますが,いちいち同期のことを考えないといけないのは少々面倒臭い.

結局,私がお奨めするのは,

の組み合わせパターンです.

続きを読む “Windows 10での開発環境(VirtualBox+RLogin+VcXsrv)”