電源いらずのパッシブスピーカー

パッシブスピーカーっていうのかなぁ。

木を上手い具合に削ってスピーカーの形にして、そこにスマホのスピーカー口を乗せることで、効果的に音を反響させて増幅するというもの。だから電源いらずということなんだけど、たかがスマホのスピーカーから出る音が元だからなーということで、色々探してみるとこんな凄いものが(゚д゚)!

PS842/CHINON木製パッシブスピーカー/オールウッドモデル【ケース無し】/対応機種iPhone5以降/電源不要

こんなの高くて絶対買えないけど、どんな音を奏でるのか聴いてみたい。

反響すればなんでもいいだろうと思って、タッパーや紙コップに入れてみたら結構音が大きく聴こえてくるではないですか。

もっと、良い素材はないかと100円ショップを漁っていると、山田化学の「音が広がるスマホスタンド&スピーカー」というのがあるではないですか。帰って早速試してみるとなかなか良いではないですか。

IMG_0327

木製ではなくポリプロピレン製ではありますが、結構音が大きく聴こえます。自分としては中低域がもう少し出てくれば嬉しいですが、もともとスマホスピーカーの周波数特性を考えるとそれは無理な話。

キッチン等で料理をしている時に、これを使ってネットラジオを流しています。洗い物して水を流していても十分BGMとして役に立っています。電源やらコードやら考えなくて良いのは良いですね。

108円でここまでできるとは天晴れ!

もちろん、こんな風にスマホスタンドとしても利用できます。

IMG_0328

でも、一度で良いから「CHINON木製パッシブスピーカー」の音も聴いてみたい。。。

広告

Bash on Ubuntu on WindowsにLAMP環境をセットアップ

はじめに

Window 10 Anniversary Update より実装されている Windows Subsystem for Linux (WSL) は、現在Beta版ということになっていますが、今秋提供のWindows 10の大型アップデートである Windows 10 Fall Creators Update からは正式版となり、Bash on Ubuntu on Windows の他に、OpenSUSE や Fedora などのディストリビューションも追加され、これらがWindowsストアを通じて提供されるようです。

Bash on Windows/Windows Subsystem for Linuxがベータ版を卒業、正式版に。今秋のWindows 10 Fall Creators Updateで - Publickey

アップデートしたら、また一からインストールかなとちょっと憂鬱になりますが、今回は、このBash on Ubuntu on Windows(以下、BoW)上で、WordPressをテストする必要がありまして、いわゆるLAMP環境(Apache HTTP Server + MySQL + PHP)を構築しなければならなくなりました。私が扱っている業務システムも一部PHPを使用しているので、仕方ないですね。

MySQLのセットアップについては、前回投稿した記事「(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境構築」に記載していますので、そちらを参照していただき、こちらでは、Apache HTTP ServerとPHPをセットアップし、phpMyAdminとWordPressが動かせるようになるまでの流れを掲載したいと思います。

Continue reading “Bash on Ubuntu on WindowsにLAMP環境をセットアップ”

(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境構築

はじめに

さて、Bash on Ubuntu on Windows 環境構築の続きです。

とりあえず、最初にGitの設定です。

git config --global user.name "氏名"
git config --global user.email "メールアドレス"
git config --global color.ui auto

Ruby(rbenv)環境設定

まずは、Rubyの環境を入れなきゃということで、rbenvです。

GitHub – rbenv/rbenv: Groom your app’s Ruby environment

git cloneでパッケージダウンロードして、ホームディレクトリ直下の「~/.rbenv」に展開です。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

Continue reading “(続)Bash on Ubuntu on Windows 環境構築”

Bash on Ubuntu on Windows 環境構築

はじめに

今まで色々とWindowsにてUNIX環境を構築してきました。

POSIX API機能を提供するcygwin1.dllを利用し、完全なPOSIXエミュレーションが目標の「Cygwin」や、Cygwinからforkされたmsys-2.0.dllによるライブラリと、一部MinGWからの流れでWindowsネイティブライブラリが含まれる「MSYS2」、どちらも使用してきましたが、LAMPなどのWebアプリケーション開発環境となると、やはりVM上のLinuxを利用した方が何かと楽です。ということで、これまでWindows 10上のVirtualBoxにてCentOSを動かし利用してきました。

しばらくは全然問題なく利用できていたのですが、使用しているノートパソコンのsleepからの復帰が遅く、ハードリセットとかしていたら、いつのまにかVDIファイルが壊れてしまい環境がおじゃんになってしまいました。。。VMはその仮想ディスクファイル1個が壊れてしまったらもう終わりですものね。

そこでしょうがないので、試しで入れていた「Bash on Ubuntu on Windows」を使用することにしました。

Continue reading “Bash on Ubuntu on Windows 環境構築”

Excelの研修を担当して

昨日、職場にてExcelの関数活用に関する研修の講師を担当しました。

久しぶりの9時〜16時の講習だったので、終わった後は足腰が痛くとても疲れました。若い時は6時間講習くらい何でもなかったのですが。。。
対象は、事務職員の方々総勢50名弱で、思いの外応募が多かったので予定の教室を変更したくらいでした。

内容としては、以下の本blogに掲載している資料をもとに行いました。

資料に出てくるExcel関数は、全部で約60個。思う存分Excel関数の素晴らしさを説明できたので、自分としてはとても楽しかったのですが、受講者の方々にとっては、少し消化不良だったようです。恐らく、わずか一日でこれだけのExcel関数について説明する講習は余り無いと思います。

担当事務の方が、アンケートを集計してくれて結果をもらいましたので、それについて少し考察したいと思います。

Continue reading “Excelの研修を担当して”