WSL上のUbuntuでhwclockコマンド使用不可

WSL上のUbuntu 20.04にて、ハードウェアクロックにアクセスするコマンド hwclockを実行したときに、このようなメッセージが出て使用できない場合があります。

$ sudo hwclock
hwclock: 既知のいずれの方法を使用しても、ハードウェアの時計にアクセスすることができません。
hwclock: Use the --verbose option to see the details of our search for an access method.

ホストであるWindowsのクロックと、WSL上のUbuntuで時刻がずれる場合があります。その際にこのコマンドを叩いて、時刻を合わせる訳ですが、このような状態だとそれが使えません。

ひょっとして、と思ってWSLのバージョンを確認してみると。。。

>wsl -l -v
  NAME                   STATE           VERSION
* Ubuntu-20.04           Running         1

WSL2にしていたつもりが、WSL1のままでした。。。

WSL1からWSL2に変更しますと(参考 https://tamosblog.wordpress.com/2021/07/20/migration-from-wsl1-to-wsl2/ )、

$ sudo hwclock
2021-10-17 19:04:59.955002+09:00

はい、ちゃんと実行できました。

WSL上のUbuntu 18.04を20.04に移行

はじめに

LTSですし、別にまだ18.04のままでも良かったのだけど、もう2021年10月ですし、20.04LTSがあるのに3年以上も前のバージョンを使い続けるのもねぇ、って感じがしたのと、WSL1の時から、これまでWindowsファイルシステムをマウント(/mnt/c/Users/hoge/)してそれを作業用ディレクトリとして使用していたのですが、WSL2にしたとたん、ファイルアクセスがもっさりするようになった。例えば、RubyのJekyllを使用したときにJekyll serverのコマンドを叩いてから起動が完了するまで4分間弱もかかるようになってしまった。

WSL2になってから、WindowsからWSLのファイルシステムへのアクセスも容易になったので、WSLのファイルシステム、つまり/home/hoge を作業用ディレクトリとして利用していこうと思い、ついでに Ubuntu-20.04 にUPしてしまえ!ってことで、今回20.04に変えてみたので記録として残しておく。

ちなみに、過去に WSL1 に Ubuntu 18.04 をインストールしたときの記録はこちら。

その時は、RやEmacsも入れていたけど、RはWindows版を利用すれば良いし、VSCode 使用するようになってからEmacsも使わなくなってしまったので、今回は入れない。

今の状況はこんな感じ。

C:\\Users\\furuya>wsl -l -v
NAME STATE VERSION

- Ubuntu-18.04 Running 2
  docker-desktop-data Running 2
  docker-desktop Running 2

.wslconfig」は特に関係ないけど上げておく。

C:\Users\furuya>type .wslconfig
[wsl2]
memory=2GB
swap=0
“WSL上のUbuntu 18.04を20.04に移行” 続きを読む

20H1 updateに伴うWSL1→WSL2への移行

随分古い話になってしまいましたが、メモに記録していたのをここに転記しておきます。

前提

当方の環境は次の通りです。

  • Windows 10 Pro (20H1 に update済)
  • WSL1セットアップ済み(WSL機能は有効済み)
  • Dockerエンジンは Docker Desktop for Windows を利用し、Dockerクライアントは WSL1 上の Ubuntu 18.04 LTS の docker-ce を利用

WSL1でも十分だったこともあり、WSL2にすると機構的に処理が遅くなるのではという懸念もあって、WSL1のままで運用していましたが、20H1に更新したことを機に、色々なサイトを参考にしながら WSL1 から WSL2 に移行しました。何をいまさらっていう感じだと思いますが、忘れっぽいので備忘録として書いておきます。

“20H1 updateに伴うWSL1→WSL2への移行” 続きを読む

CentOS 7 によるセッション記録(Tlog)ログのElasticsearchへの転送

CentOS 8の新機能 Cookpit の Session Recordingは、ユーザが端末に対し行った操作(入出力)をログに記録し、後で再生して見られる機能であり、その元となっているプログラムがTLogです。

cockpit

GitHub – Scribery/tlog: Terminal I/O logger
Package tlog – man pages | ManKier

ユーザが行った操作は、tlog-rec あるいは、tlog-rec-session によってJournalログ(syslog)に記録され、それを再生するコマンド、tlog-play が用意されています。Journal に記録してもログローテーションによりいずれは消えてしまいます。監査証跡としてこの操作記録ログ(Tlogログ)を永続的に残す方法として、ログの保存先をMongoDBなど、JSON形式で保存できるストアなどがありますが、tlog-playがその再生元データストアをElasticsearchにできることから、TlogログをRsyslog経由でElasticsearchに転送する方法があります。

今回は、それらをCentOS 7にて実装したいと思います。

“CentOS 7 によるセッション記録(Tlog)ログのElasticsearchへの転送” 続きを読む

2020年振り返り

夜明けの桜島です。今年(2020年)の11月のとある日の早朝の写真です。

2020年はいわゆるコロナ禍の年でした。

2009年に流行った新型インフルエンザの時は、PCR検査だったり、自粛だったり、これ程の状況ではなかったように記憶しています。

3月頃、息子が家に戻ってきて、しばらく3人で一緒に生活でき、息子の20歳の誕生日を一緒に過ごせたのも良い思い出でした。

子供たちにとっては、ある意味足止めを食らったような年ではありましたが、それぞれ自分を見つめ直す意味では良い一年であったのだと思います。集団行動が苦手な私としては、人から干渉されず、ある意味過ごしやすい状況下でもありました。

さあ、2021年、私としては、私に課せられたタスクを1つ1つこなしていき、家族が引き続き幸せに生活できるように行動していくのみです。

2021年も何卒よろしくお願いいたします。